相談者

20代女性
病名:広汎性発達障害、注意欠陥多動障害
結果:障害基礎2級(事後重症)
 

依頼者の状況

大学生の頃、学校を休みがちになり病院を受診されました。当初は情動不安定、不安焦燥感、希死念慮などの症状をもって、統合失調症、アスペルガー症候群と診断されました。しかし、幼少からの注意力不足、コミュニケーション困難などの症状と現在の自己管理不能や学習障害などの症状から広汎性発達障害、注意欠陥多動障害と診断されました。
現在独りでの日常生活は困難であり、長期のリハビリが必要な状況でした。
 

受任から申請まで

初診はすぐ証明できましたが、認定日前後に医療機関を受診していなかったため、事後重症請求を行いました。娘様の状況を心配してお母様のみが当センターへお越しいただきました。ご本人様にはお会いせず、面談から申請までのやりとりもお母様のみで対応しました。
 

結果

申請書類の受付から1ヶ月で無事に障害基礎年金の2級の決定となりました。初診がはっきりしていること、診断書に病気の状態を的確に書いていただけたこと、お母様との密な連携で病歴申立書にご本人様の状況をわかりやすく書けたことが早い決定になったと思います。
 

当センターの障害年金の受給事例をご紹介します

   
 1  うつ病で障害基礎年金2級(3年遡及)した事例
 2  躁うつ病で障害厚生3級が決定された事例
 3  発達障害、多動障害で障害年金2級が決定された事例
 4
 5  がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について


047-435-5777|無料相談会のご予約はこちら 料金表 よくあるご質問 相談の流れ
事務所所在地 アクセスはこちら  社労士法人.jpg





障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

banner234.jpg