相談者

50代男性の妻
病名:脳出血
結果:障害手当金
 

依頼者の状況

飲酒時に箸を落とすようになり、その後会話ができなくなったので病院を受診しました。
頭部CTを施行したところ高濃度の新鮮血腫が見つかりました。
左脳出血により失語症状、右片麻痺、感覚障害を診断されリハビリ治療を行っていました。
初診より1年半経過後もリハビリのトレーニングを行っている状況でした。
 

受任から申請まで

ご本人様の奥様より障害認定日が来たので障害年金を申請できるか相談したいとの事でご連絡をいただきました。最初のお話を聞く限りではそれほど症状も重くなく奥様自身も障害の状態に該当しないのではないかと思っていた様でした。実際診断書も障害の等級に該当するかは微妙なところでしたが障害手当金として決定されました。
 

結果

障害手当金にての決定となりました。3級には該当しませんでしたが、奥様も、もともともらえないと思っていた様なので手当金の決定に満足していただけました。
 

当センターの障害年金の受給事例をご紹介します

   
 1  うつ病で障害基礎年金2級(3年遡及)した事例
 2  躁うつ病で障害厚生3級が決定された事例
 3  発達障害、多動障害で障害年金2級が決定された事例
 4
 5  がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について


047-435-5777|無料相談会のご予約はこちら 料金表 よくあるご質問 相談の流れ
事務所所在地 アクセスはこちら  社労士法人.jpg





障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

banner234.jpg