相談者

60代男性
病名:直腸癌、肝転移
結果:障害厚生年金3級(認定日)
 

依頼者の状況

体調が悪くなり血便が出始めたため、近くのクリニックを受診しました。
問診の結果腸内に異常が認められたため、大腸内視鏡検査を行ったところ、S状結腸癌と診断され癌の切除を行い、大腸も20センチほど切り取りました。
手術後は自宅で療養していましたが検査で肝転移が見つかり抗癌剤治療を始めました。
抗癌剤の副作用がひどく手足のしびれや全身の倦怠感があるため日常生活もままならない
状態でした。
 

受任から申請まで

ご本人様がソーシャルワーカーより癌での申請は難しいので専門家に相談した方がいいと
言われたので、インターネットで検索していただき当事務所へご依頼されました。
初診日よりちょうど1年半が経過したところでのご依頼でしたので初診日証明、診断書の
作成等スムーズに進み申請できました。
 

結果

障害厚生年金3級の決定となりました。癌での障害年金の認定は難しいと言われておりますが、抗癌剤での副作用による日常生活、就労制限の困難さを記載できた点が3級の認定に繋がったと思っています。
 

当センターの障害年金の受給事例をご紹介します

   
 1  うつ病で障害基礎年金2級(3年遡及)した事例
 2  躁うつ病で障害厚生3級が決定された事例
 3  発達障害、多動障害で障害年金2級が決定された事例
 4
 5  がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について


047-435-5777|無料相談会のご予約はこちら 料金表 よくあるご質問 相談の流れ
事務所所在地 アクセスはこちら  社労士法人.jpg





障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

banner234.jpg