肺がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 相談者

相談者:30代男性

病名:左肺がん

結果:障害厚生3級

 

相談者の状況

 約9年前、勤めていた会社の健康診断にて肺がんの疑いありと指摘され、すぐさま再検査を受診。左肺にがんがあることが発覚しました。手術によりがんを切除したのですが、その後再発と転移を繰り返し、無料相談にいらしたときも治療を継続中でした。

 

受任から申請まで

 当初、「がんでの受給は難しいと聞いているし、自分のような状態では該当しないかもしれないが、ダメ元でチャレンジしたい」ということで、とりあえず3級の受給を目指しましょう!と、ご相談いただきました。

 障害認定日から5年以上経過しているため、診断書やレントゲン画像、所得証明書類などの入手に多少手間取りましたが、比較的スムーズに進めることができました。

 

結果

 “ダメ元”でスタートしたご相談でしたが、無事に事後重症で3級を受給することができました。しかし、残念ながら、遡及受給は認められませんでした。

 依頼者は現在も療養中のため、増額改定請求も視野にいれ、今後も継続的にフォローしていければと思います。

当センターの障害年金の受給事例をご紹介します

   
 1  うつ病で障害基礎年金2級(3年遡及)した事例
 2  躁うつ病で障害厚生3級が決定された事例
 3  発達障害、多動障害で障害年金2級が決定された事例
 4
 5  がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について


047-435-5777|無料相談会のご予約はこちら 料金表 よくあるご質問 相談の流れ
事務所所在地 アクセスはこちら  社労士法人.jpg





障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

banner234.jpg