相談者

50代男性
病名:躁うつ病
結果:障害厚生3級(事後重症)
 

依頼者の状況

気分が落ち込み会社に行けない日が続き、病院を受診。しかし病院も体調の良い日にしか行けないことが多く、なかなか治療の結果が出ませんでした。仕事も一日フルタイムで働くことが難しく、休みがちになり、また仕事内容も簡単な事のみになってしまい退職されました。
現在は投薬治療を受けてはいるが、症状はなかなか改善しない状況が続いています。
 

受任から申請まで

認定日からから3年近くが経過しており、認定日請求と事後重症請求の両方で申請しました。体調のすぐれない日が多く、なかなかご来所頂けない中での書類作成となりました。また診断書を2枚依頼しなければいけないこともあり、医師へ診断書作成を頼むのが不安だったというお客様のご要望で病院に同行し、診断書をいただきました。
 

結果

診断書をとる際にご本人様も認定日の時点では症状は軽いので認められないと思いますと仰っていましたが、認定日の診断書と現在の診断書で申請をしました。残念ながら遡及請求は認められませんでしたが、事後重症で厚生3級の支給が決定しました。両方の診断書を見比べてみると、やはり認定日時点での診断書はそれほど症状も重くなく、現在の状態の方が病状が重いこともあり、事後重症での結果に繋がったのだと思います。
 

当センターの障害年金の受給事例をご紹介します

   
 1  うつ病で障害基礎年金2級(3年遡及)した事例
 2  躁うつ病で障害厚生3級が決定された事例
 3  発達障害、多動障害で障害年金2級が決定された事例
 4
 5  がんで障害厚生年金3級が決定された事例

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について


047-435-5777|無料相談会のご予約はこちら 料金表 よくあるご質問 相談の流れ
事務所所在地 アクセスはこちら  社労士法人.jpg





障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

banner234.jpg