眼(視力・視野)の障害認定基準

眼の障害は、主に視力・視野障害について次の基準によって1級~3級が決まります。

 1級

・両眼の視力の和が0.04以下のもの

 2級

・両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
・I/2の視標で両眼の視野が5度以内のもの。
・両目の視野が10度以内で中心8方向の残存視野のそれぞれの角度が56度以下(←平成25年6月に追加されました。)

 3級

・両眼の視力が0.1以下に減じたもの。

補足

※視力の数値は、屈折異常のあるものは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた矯正視力による数値、眼内レンズを挿入したものについては挿入後の矯正視力による数値により認定されます。

※矯正が不可能なものについては、裸眼視力により認定されます。

※両眼の視力とは、両眼視によって得られた視力ではなく、左右の視力を別々に測定したものをいいます。

※両眼の視力の和とは、左右の視力を別々に測定した数値を合算したものをいいます。

※視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定されます。

 

少しでも障害年金に該当する可能性があると思いになった方は専門家に相談することをお勧めします。

当センターでは無料相談を実施しておりますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

ImgTop9.jpg

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

障害年金の等級についてもっと詳しく!

眼の障害(視力・視野障害)

 

・耳の障害(聴力)

 

・そしゃく・嚥下・言語の障害

 

・心臓の障害(循環器障害)

 

・気管支・肺疾患の障害

 

・腎臓の障害

 

・肝臓の障害

 

・肢体の障害

 

・肛門・直腸・泌尿器の障害

 

・精神の障害

 

・糖尿病・高血圧症の障害

 

・血液・造血の障害

 

・がんの障害

 

・てんかんの障害 

 

・AIDSの障害

 


soudan.PNG


障害年金について